組合だけでなく住民の協力を得てマンション修繕工事を行おう

マンション

マンション工事は屋上もその対象になります

マンションに限ったことではないのですが、屋根というのは常に風雨にさらされている状況になります。ですから、マンション修繕工事において屋上というのも、そこそこを行われるところが多い部分になります。
特にいえるのが日差しです。日差しによる紫外線の影響というのはありますから、マンション修繕工事などでもやはり屋上はかなり重要なポイントとして見られることが多いです。マンション修繕工事で屋上の場合はアスファルト防水というものが行われることが多いです。耐久性に優れている工法になりますし、20年に1度ぐらいの防水工事で問題なくなります。つまりは、結構長持ちする、ということになります。
築年数が古いマンションの場合だと15年くらいが目安とはされていますから、その辺りを覚えておくと良いでしょう。他にもウレタン塗膜防水というものをあったりします。古い防水層を取り除き新しくウレタン塗膜防水工事を行う方法になります。アスファルト防水の方が平方メートルあたりの工事料金が高めになるのですが、どちらが良いというわけではなく、どのような材質に対しての防水工事をするのかということによって変わってきます。これは覚えておきましょう。

マンション工事における給排水管

マンション修繕工事の重要な場所としてあるのが給水管や排水管の定期的な検査であり、高圧洗浄ということになります。洗浄をすることによってどうにかなるのであれば修繕工事というほどのことではないのですが、もはや取り替えることしか直す方法がないことになりますと、当然マンション修繕工事ということになります。
排水管の状況に応じて錆や汚れを取り除く更生工事をしたりすることもありますし、交換工事をするということもあるわけです。給排水管というのはその種類によって工事を行うことになる時期というのが違ってくることになりますから、これは注意する必要性があります。
亜鉛メッキ鋼管ですと15~20年で交換が必要になってくるわけですが、硬質ビニルライニング鋼管や架橋ポリエチレン管であれば30年以上は大丈夫です。ただしやはり周りの環境というのもそこそこ影響してくることになりますし、例えば下水などにそれなりに変なものを流すような環境があったりしますと、それで劣化しやすくなってしまうということがありますから注意した方が良いでしょう。一端その部分を壊してから排水管などを取り替えるということになりますから、マンション修繕工事でもそこそこ大掛かりに見えますが、実際には一部分の取替えで済むことが多いです。

分譲マンションの工事を計画的に進めるコツ

分譲マンションは入居直後から少しずつ劣化が始まりますが、居住者が不具合を感じるようになるのは10年程度経過してからのことです。しかし建物の劣化を感じるようになる前から大規模修繕工事への準備を進めることで、費用やスケジュールに関する不安を解決することができます。
管理組合だけではなくて所有者全員が協力することも重要ですが、良い施工会社を見つけることが、マンションの大規模修繕工事を成功させるカギになります。また良い業者を見つけるまでに、複数の施工会社に見積もりを依頼するケースも多く、契約に至るまでの過程で1年程度の時間が必要です。
したがってマンションの大規模修繕工事を実施するときには、時間的な余裕を持つことも大切です。そして規模の大きな工事の1戸当たりの費用の相場は100万円程度なので、通常のファミリータイプの間取りであれば各世帯から毎月1万円ずつ徴収すると、十分に費用を賄えます。早い段階で入居者が勉強会を行って費用や工事の内容について理解を深めると、資金面や施工プランに関する問題は解消されます。更に過去の大規模修繕の施工事例を参考にして、必要なオプションを組み合わせると、居住者の満足度もアップします。


劣化したマンションを修繕工事するなら「株式会社栄光」はいかがですか?出来るだけ低コストで修繕工事が出来るようにご提案してくれるのでオススメです!